株式会社オーエスピーのCSR

株式会社オーエスピーの取り組み

オーエスピーは、企業としての社会的責任を自覚し、地球環境への配慮としてみずからの事業活動の環境負荷低減を図り、さらにサービスの提供によって社会全体の環境負荷低減に貢献する「環境経営」を通し、企業としての社会的責任を果たすべく、持続可能な社会の実現を目指します。

アルミ缶リサイクル推進の活動

2008年から従業員参加型の社会貢献の取組みとして、アルミ缶回収による、車椅子寄贈の活動を実施しています。

アルミ缶リサイクル

アルミ缶のリサイクルで交換した車椅子を医療/福祉施設に寄贈し社会福祉に役立てることとリサイクルを通じて従業員の環境意識高揚につなげることを目的としてスタートしました。

環公害防止連絡協議会 プルタブで車椅子を!

環境マネジメントシステム構築

私たちは、持続可能な社会の実現に寄与する企業として環境マネジメントシステム(KES)を取得し、その取り組みを他の企業にも広げています。

環境マネジメントシステム構築

OSPが真に環境に対応していくために、第一にみずからの事業活動において、環境負荷およびリスクを削減し、資源効率を高め、持続可能な経営を確立しなければなりません。 同時に、我々の提供するサービスを通して、お客さまの、さらには社会全体の環境負荷を削減し、資源効率を向上することも重要です。 そして、これら両方の観点から環境対応を実践した総合的効果として、持続可能な社会構築へ貢献していきたいと考えています。

KES環境機構

産業用バッテリー再生事業

環境を地域とともにつくる取り組みを率先して行っていきます。

産業用バッテリー再生事業

2010年3月5日、特定非営利活動法人ヨコハマみらい環境協議会が主催する「中小企業の生き残り戦略のための環境経営」セミナーにおいて、オーエースピーはKES取得企業のエコビジネス紹介への取り組みとして「産業用バッテリー再生事業」の紹介をさせていただきました。

オーエスピーは、このような事業などにも積極的に参加させていただくことで、環境を地域とともにつくる取り組みを率先して行っていきます。

ページ上部へ